昔、利用した引越し業者について(ハトのマーク利用者)

先日、ハトのマークで引越しを無事終えられました。

 

前回の業者が酷かったのでハトのマークにはありがたい気持ちでいっぱいです。

 

ありがとうございました。

 

ハトのマーク利用者が語る・引越し失敗体験談

前回の業者の酷い対応についてですが、見積もりにきた人が新人のようで、トラック一台で住むところ二台で手配されました。

 

一台で足りるはず、と言いましたが絶対二台ないと無理だと言われ、見積もりももちろん一台より高くなったんですが、時間がなくそれでお願いしました。

 

結局当日使ったのは一台で、二台目は全くの無駄でした。

 

あまりにも酷いので、電話差し上げたところ、最初はグダグダ言っていましたが返金します、ということになったので、口座番号など伝えました。

 

しかしいつになっても振り込まれることはなく、また電話を何回かしたのですが、担当者はいつもいない、ですまされ、折り返しします、と言ってもかかってくることもなく、ばっくれられてしまいました。

 

今でも腹が煮え繰り返るくらい腹がたちます。

 

勉強代と思って返金はあきらめましたが、もう二度とサカ●を使うことはないし、まわりにもこんな事があったと言いまくっています。

 

 

他に気をつけておくべき引越しポイント

あと、引越し先を決める際は、自分にとって住みたくない条件をある程度固めて探すと良いです。

 

住みたくないと思うのはやはりその土地の県民性ではないでしょうか。

 

私は港街で育ったものですから気性が荒い人たちに囲まれて生活しているんですね。

 

信号が赤から青に変わった瞬間にせっつくばかりに張り付いてくる後続車やクラクション。

 

そういった、当たり前の日常生活の中で安らぎの少ない街には住みたくありませんね。

 

利便性の追求によりすぐにコンビニやスーパー、あるいはデパートなどにいける事も確かに魅力なのかもしれませんが、その日常生活を営む事を噛み締める時間を気持ち良く噛み締めれない街は住める場所ではないと私は思っています。

 

押しに押され契約した結果…引越し失敗談。

 

ハトさんの前に頼んだ業者の話です。

 

見積もりに来てもらった営業担当者の方に押されて契約したのが間違いでした。

 

結局担当者の言っていた「大手引越し業者」の売りであるだろう「アルバイトはいない。社員のみ」という話は嘘でした。

 

研修センターで研修を受けなければ現場に出れないシステムだそうですが、梱包の仕方がわらかないスタッフがいたのには驚かされました。

 

引っ越し後に冷蔵庫の傷を見つけたので、連絡をしたところ押し返すと言われ待ち続けて一週間。

 

再度電話をしてから、さかい引越センターの日程の調整連絡が来たのは更に一週間後。

 

冷蔵庫の塗装が手のひら大はがれてしまったけれど、天井の部分だし機能には問題はなさそうだったこともあり、最初に電話をかけた時はとにかく謝ってほしい気持ちだけだったのですが、あまりにも対応が酷かったので二度と利用することはないと思います。

 

ハトのマーク利用者が語る・引越し失敗体験談

次回、引越しをする際は山形県山形市に住みたいですね。

 

2年程前の夏、ふと思い立ち一人旅行を決行して飛び込んだのが山形県でした。

 

私は度々、一人旅をするのですが自分ルールで自家用車しか使わない且つ高速は使わないというスタイルで旅をします。
当然、土地勘の無い私は駅を目的地に出発するのですが山形県山形市に入り山形駅に向かった時の感動は今も忘れられません。

 

駅を中心に街が開けとても綺麗な駅前開発となっていました。

 

しかし、たったこれだけで私は山形市に住みたいわけではありません。

 

市民の方々の人柄に魅かれました。

 

都市の中心でのろのろ運転している私にクラクションどころか嫌な顔一つせずに見守ってくれる温厚さ。

 

そして、車から降りた瞬間に街の中で鳴り響くセミの声。

 

私は自然との調和がとれた街作りに感動しました。